DAILY WORK

2017年入社
マーケティンググループ
細貝の1日

SHIROではどんな仕事があり、どんな人たちが働いているのでしょうか? 従業員の1日を追いながら、私たちの仕事についてご紹介します。今回は、2017年に新卒で入社し、現在はマーケティンググループで販促を担当する細貝のある1日の流れと、仕事に対する想いを伺いました。

朝礼で1日がスタート
午前中は販促物作成に集中

当初、まずは本社に配属となりましたが、店舗へ販売応援に行かせていただく機会も多く、店頭の仕組みや接客を学ぶことができました。2年目から本格的にマーケティンググループに携わり、販促に関わる業務を幅広く担当しています。什器やリーフレットといった販促物の作成や、SNSでのマーケティングが主な業務ですが、それに留まらず、発表会やイベント運営に関わるなど多岐にわたっています。

朝は9時に出社し、まずはオフィス全体、チームで朝礼を行います。メンバーそれぞれでタスクの共有をした後、今後の新製品や店頭の状況に合わせ、必要な販促物を洗い出したり、そのレイアウトやデザインを考えたりします。アイデアが固まってきたら外部パートナーさんと打ち合わせをして、具体的な制作進行へと移ります。

細貝さん01

ランチ後は
店舗訪問や業務整理の時間に

東京本社のある表参道にはたくさんおいしいお店があるので、ランチは気分転換をかねて外で食べることが多いです。その後は、都内の店舗の状況を確認するために店舗訪問をすることもあります。作成した販促物がどのような形で使われているかを実際に見て、困っていることはないか、より良い展開方法のアイデアはないかなど、店舗のスタッフにヒアリングします。帰社後は、SNS投稿のスケジュールを組み立て、内容をつくったり、制作物に関する社内外のやり取りを進めたりして1日を終えます。

仕事に妥協はナシ
人のために働きたい

もともとSHIROのスキンケアアイテムを愛用していました。出身地である北海道での企業説明会に参加したとき、「本社の人たちはどんな仕事をしているのだろう?」と興味を持ったことが入社のきっかけです。1年間は本社で働きながら店舗での経験も積み、大変学びの多い日々を過ごしてきました。その経験が原動力となり、「店舗の人たちをサポートしたい」という想いで、夢中で販促業務に取り組んでいます。

仕事を進めていく上で特に意識しているのは、自分がつくったものがブランドの発信物となり、実際にお客様の目に触れるということです。製品を見やすく使いやすいベストな状態を保つため、中途半端なクオリティのものをつくらないことはもちろん、誤表記などのミスは絶対に起こさないよう気をつけています。店舗からの反応が良いと、頑張って良かったなと嬉しくなります。 これまでの仕事を通して、少しずつ自分で考え抜く力や想像力、そして責任感が身についていると実感していますし、SHIROでは経験が少なくとも意欲があれば新しい仕事に挑戦することができます。今後も積極的にいろいろなことにチャレンジしながら、一緒に働く仲間をサポートできるような仕事をしていきたいと思っています。